1. HOME
  2.   ⟩  インフォメーション
  3.   ⟩  理事長コラム⑪ ふーどばんくOSAKAの活動は、「食」を通した権利侵害をなくす活動。

インフォメーション

カレンダーで見る

2016

08/25

理事長コラム⑪ ふーどばんくOSAKAの活動は、「食」を通した権利侵害をなくす活動。

活動レポート

フードバンクと関連している国の機関は、農林水産省だ。
その農水省の食料産業局からフードバンク活動における食品の取扱い等に関する手引き作成にあたっての意見募集の案内が送られてきた。

一年間の食品廃棄の量は、2797万トン(事業系1927万+家庭系870万)だそうで、そのうち本来食べられるにもかかわらず廃棄される、いわゆる「食品ロス」は632万トン(事業系330万+家庭系302万)排出されているそうだ。

世界で約8億人のひとびとが栄養不足の状態にあり、食品ロスの削減は喫緊の課題であると指摘されている。 「もったいない」発祥の地である日本において、由々しき事態だと警鐘を鳴らしている。

フードバンク活動に対する社会的な理解がいまだ十分でないことから、食品提供の業者が安心して供給できる環境をフードバンク側が品質の確保、衛生管理及び情報管理などについて適切な運営を確保するための手引きを作成し、社会的信頼性の向上とフードバンクの活動がより見識のある社会から認められる活動として定着させることを目的に手引きが作成されようとしている。

たしかに社会的な信頼を得るという行為は、NPO法人として求められる資質であることは言うまでもないし、食品提供側からすれば安心して任せられるフードバンク団体の誕生は、喜ばしいことでもある。さらには、食品を受け取る側の福祉施設などにとっても安心して施設利用者に配布できることにもつながっており、農水省の”手引き”は、フードバンク活動に社会性をもたらし、手引きに準ずることによって、品質確保、衛生管理及び情報管理等を整備していることを一定認定するものとなり、その証として”フードバンク活動の手引き”が位置づけられることは有意義である。

しかし、ひとつは、あまりにも高いハードルは、市民活動やちょっとしたボランティア精神ではじめようとするフードバンク活動にとってはハードルが高すぎることによって、躊躇することになってしまいせっかくの活動意欲を削ぐことにつながってしまう危険性をもっており、社会的信頼の必要性は当然ではあるもののあまりにも活動資格のレベルが高すぎるのは、市民活動や地域における子ども食堂登場という意欲ややる気を高揚させると言うよりは、「規制や制限が多すぎて、わたしたちでは無理」という消極的な態度になってしまうことに警鐘を鳴らしておきたい。

ふたつめは、農水省の案内文にも記載されている「包装の印字のズレや外箱が変形することなど、食品衛生上の問題はないが、通常の販売が困難な食品を食品関連事業者から引き取り、福祉施設等へ無償提供する」フードバンク活動が全国各地で広がりつつあると指摘している。フードバンクの活動はまさにその通りであり、食品ロスの削減にとっても欠かすことの出来ない活動になりつつあることは言うまでもない。しかし、”食べる”という行為が一部のひとには権利侵害されているという事実に着目すべきではないだろうかと思っている。
コンビニ弁当をはじめとするいわゆる”チン”で食をすませ、煮炊きものや季節感ある食材を食べるという習慣がまったくない子どもたちや、学校での給食一食が一日の食べるという行為であり、それ以外は、口にすることさえ出来ない子どもたちが急増しているようである。子ども食堂が雨後の筍のごとく広がるのは、こうした子どもの実態の反映でもある。
つまり、食べるという行為は、権利である。それが侵害されているという事態に対して、国は権利としてフードバンク活動を認定すべきである。生活が立ち至らなくなった場合の緊急措置が、生活保護制度であるなら、食べるという行為が何らかの理由で出来なくなっている現実に対して、食を届けるという行為を制度化すべきである。

ふーどばんくOSAKAの活動は慈善事業では決してない。「食」を通した権利侵害をなくすための活動である。「今日も机にあの子がいない」としてはじまった、教育運動が、教育無償化の市民運動として全国的に展開され、教科書の無償や就学援助費につながっていったように、金銭的な理由のみで、”食べれない””食べられない”という現実を放置してはならない。
農水省は、少なくともフードバンク活動に対する認証制度を創設すべきである。